メニュー

ブログ

『 健康ブログ~花粉症が治るかも?舌下免疫療法、6月から再開致します!』(2022.05.30更新)

名古屋市中区栄の足立耳鼻咽喉科がお届けする健康ブログです。当ブログでは耳鼻咽喉科領域に限らず、もう少し広い視野でより快適に生活できる情報を発信します。また流行りの健康情報ではなく、基本に忠実な情報を書きたいと思っています。末永く宜しくお願い致します。(専門外の病気についての詳細は、各専門科でお尋ねください)

こんにちは、健康ブログ編集長です。今日はお待ちかねの耳鼻咽喉科専門テーマの執筆ですので、かなり力が入っています。反響次第では夏のボーナス、変わるかな~変わんねえかな~って、スベるの覚悟で懐かしいギャグをかますあたり、すでに入れ込みすぎかも。いかん、いかん、冷静沈着が売りの編集長、気を鎮めておごそかに参ります。

本日のテーマは、

「舌下免疫療法で、花粉症根治に挑戦しませんか?」

さあ22年も折り返し、明後日から6月になります。6月と言えば当院では新しく舌下免疫療法、レーザー治療を始める月。特に舌下免疫療法は当院お勧めの治療法ですので、早く始めたいという患者さんがたくさんお待ち頂いております。さあ、それでは舌下免疫療法特集を始めましょう!

舌下免疫療法とは?

え、しつこい? そうですね、ブログでもホームページでも何度も何度もお話してきましたが、まだまだご存知ない方の方が多いんです。すでにご存知の方は飛ばして頂いても結構(新しい情報があるかも知れませんが)ですので、書かせて頂きます。

舌下免疫療法とは、アレルギー性疾患の原因となる物質(アレルゲンと呼ばれています)そのものを少量ずつ長期に渡り服薬することで、体を慣れさせてアレルギー反応を起こさせなくする治療法の事です。丁度ホームページの方も修復していますので、我ながらスラスラっとわけなく書けました。えらいぞ、俺!(笑)

今までの花粉症治療といえば、症状が出たら薬を飲む(対症療法)、若しくは出る数週間前に服薬する(初期療法と言います)治療法がメインでしたが、現在は舌下免疫療法や重症にはゾレア注という画期的薬剤もあり、花粉症治療の選択肢が増えてきました。

今や花粉症は治せるとまで言いませんが、症状はかなり抑えられる病気になり、もっと言えば「治せる可能性のある時代」になったのです。これって地味にすごい事だと思います。命を奪われる病気ではないけれど、花粉症の3大症状「くしゃみ・鼻水・鼻詰まり」は、なったヒトしかわからない結構な苦しみ。さらに熱は出るわ。頭はボ~とするわ、眠いわ、集中力なくなるわなど、日常生活に結構負担がかかっています。

受験や仕事のここ一番という時、本当に困ります。デートの時も? 私は縁がないので、知りませんが(断言!)。こんな苦しみを解決出来る可能性を秘めた治療法が、舌下免疫療法なのです。

舌下免疫療法の効果と副作用

そこまでいう効果ですが、有効率は60%程度。軽度改善まで入れると70%~80%くらいでしょうか。正式なデータではないので大きな声では言えませんが、院長はかなりの手ごたえを感じていますし、服用して半年くらいで症状が軽くなった方もたくさんみえます。もちろん全員に効く訳ではありませんが、頼もしい結果です。

気になる副作用ですが、一番重い副作用は「アナフィラキシーショック」です。かなり確率的には低いですが、ゼロではありませんのでご理解頂かないといけません。一気に心配レベルが上がったとお察ししますが、確率的に低いのと対処法は確率されていますので、ご心配の時は医師や看護師に確認して下さい。

他の主な副作用は、お口の中の腫れや痒み、口内炎、喉の刺激感、腫れなどです。いずれも軽度で、服薬初期に出がちです。

舌下免疫療法の注意点

少し注意が必要な治療法ですので、注意点をご紹介します。

  • 舌下免疫療法のお薬を飲む前後は、激しい運動や入浴、アルコール摂取などは避けて下さい。
  • 他の薬剤(β遮断薬、抗うつ剤など)を服用中の方はご相談下さい。
  • 妊婦さん、65歳以上の高齢者、小さな子供さんなど、治療に適さない場合があります。
  • ご自身の判断で途中で止めたり、再開したりしないで下さい。

他にも注意点がございますので、詳しくはホームページの詳細ページをご覧下さい。

アレルギーの薬のように飲んで終わり、ではありませんので正直患者さんも面倒です。治療法への理解・納得も重要ですし、飲み方も水でゴックンではなく、舌の下で1分保持したら飲み込むという方法。そして3年以上飲まなくてはいけない等縛りが多いのですが、上手くいけば得るものも非常に大きいと思います。

必ず治るわけではないので、これは人間の花粉症やダニアレルギーへの挑戦だと感じています。あなたは、ラスボスに挑戦する勇者なのです。困難は当たり前、挑戦してやろうという方は是非ご相談下さい。

舌下免疫療法を医師が勧める理由

製薬会社のデータだけでなく、他の専門医の意見、何よりも当院での処方経験を踏まえて申し上げますが、是非お勧めします。

「そんなに勧めるのは・・・儲かるから?」

なんとひねくれた(笑)、いえ率直なご意見。顔が引きつりそうです(笑)。ではなくて、もしそういう理由ならば通常の治療をお勧めするでしょう。それに加えて、初回投与に副作用が出ないか心配しながらチェックすることなどを考えると、いつもの薬を出しておきますね~の方が何倍か楽です。

しかし舌下免疫療法の可能性を目の当たりにすると、そうは言ってられません。治るかも知れないし、治らなくても症状がかなり楽になるという事がわかると、お勧めしたくなるのです。これは医師の性(さが)だと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

舌下免疫療法を知っている人、ご存知無い方などを含めて大まかですが、ポイントをご紹介致しました。舌下免疫療法の治療が上手くいって、花粉症やダニアレルギーが治るなら挑戦する以後はあるのではと思います。まずは舌下免疫療法をよく理解して頂く必要がございますので、当院ホームページ、スタッフなどにお問合せ下さい。

挑戦した方の朗報を是非お聞きしたい!

それでは、また来週!

 

 

--------------------------------------
◇ 編集後記

ブログ、ホームページなどで舌下免疫療法の説明はさせて頂いていますが、ご理解頂けましたでしょか?

治療法、副作用、服用法、注意点など決して簡単ではないかも知れませんが、当院でも途中で脱落する人はかなり少数です。ご安心下さい。よく知らない事は不安になるますので、しっかり調べて納得して欲しいと思います。

話は変わりますが、先日お笑い芸人「かまいたち」さんのyoutubeで”うまい棒シリーズ”をやっていました。うまい棒は日本人なら誰でも(多分)知っていますし、外国人のお土産にも大好評だそうです。買っていった外国人は一様に感動し、「日本人はこんな旨いお菓子を作る、恐るべし国民だ!」と言ったとか言わないとか(笑)。

そんな”うまい棒シリーズ”にはいろんな味があり、エビマヨとか納豆梅味、ラスク味などもあるそうです。恐るべし、うまい棒。日本人、すごい!

 

---------------------------------------

☆ 現在、伏見クリニックは一時閉院中でご迷惑をおかけしております。再開に向けて全力準備中ですので、宜しくお願い致します。

☆ 状況は変わってきましたが、油断せずコロナ対策は継続して行いましょう。重症化よりも後遺症に注意です。


☆ 花粉症の方、必見!つらいアレルギー性鼻炎の対策は、今からが勝負です!


(1)【来シーズンへの備え】即効性なら、レーザー治療! 6月から再開します。  

(2)【根本的に治る可能性大!】ジワジワと人気の舌下免疫療法を始めてみませんか? 6月から開始出来ます! 

(3)【シーズン直前の対策!】初期療法は、転ばぬ先の杖。1月下旬頃から花粉症の薬を飲み始める治療法で、シンプルですが効き目大! 

(4)【重症の方へ!】花粉症重症の方、速効性と効果を兼ね備えた薬剤(注射)をご存知ですか? 


専門医がお勧めする効果的な治療法ばかりです。詳しくは各ホームページ記事をご覧頂くか、事務スタッフにお問合せ下さい。

足立耳鼻咽喉科は「アレルギー性鼻炎」のトータルケアクリニックを目指しています。

---------------------------------------

<当ブログ記事に関しての注意>

・当ブログ記事は健康全般についての情報発信を行っております。専門外に関する記事もございますので、当院に連絡を頂いてもお答え出来ない場合がございます。詳細は専門の医療機関にてお尋ね下さい。

・また当サイトの記事は、健康を保証するものではございません。ご理解・ご了承下さいます様お願い申し上げます。

---------------------------------------------

「 安心・安全で人に優しいクリニックをつくり、地域社会に幸せの循環を創る 」

1.足立耳鼻咽喉科 四日市本院:三重県四日市市羽津山7-8

2.足立耳鼻咽喉科 伏見クリニック:愛知県名古屋市中区栄1丁目2-3 プラウドタワー名古屋栄2F

----------------------------------------------

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME