メニュー

初診の方へ「お薬について」

当院は「院外調剤」です。

院外処方箋とは?

院内で薬を調剤するのではなく、医師の処方を記した処方箋により外部の調剤薬局の薬剤師が薬をお渡しする仕組みです。当クリニックで発行する処方箋を、お近くの薬局やかかりつけ薬局などにお持ち頂き、ご自身の薬をもらって下さい。

処方箋には有効期間がございます。

処方箋発行時から4日間になります。
万一有効期間が過ぎた場合は、再発行(有料)になりますのでご注意ください。

処方箋の有効期間 カウント方法

有効 無効

日付 1日 2日 3日 4日 5日
曜日 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
発行 発行 有効 無効
カウント 1 2 3 4 ×

発行日を入れて、4日間が有効期間です!

check 調剤した薬剤師さんの指示に従い、服用してください。
check お薬が合わない場合などは、当クリニックにご相談下さい。

ジェネリック医薬品

医薬品には、先発医薬品ジェネリック医薬品があり、薬価(公定価格のようなもの)にかなりバラツキがあります。薬価が変わると、患者さんが窓口で支払われるお金が変わってきますので、ご希望があれば仰って下さい。

当クリニックでは、ジェネリック医薬品の中でもAG(エージー:オーソライズド・ジェネリックの略)と呼ばれる先発医薬品と同じ製法のジェネリックを採用しています。同じ製法であるにも関わらず、薬価が安いので最も良いと考えます。但し全ての薬剤にジェネリックがある訳ではありませんので、発売されている医薬品だけになります。また処方箋をお持ち頂く調剤薬局によっても、在庫がない場合があります。

医薬品の有効性と副作用

医療機関でお出しする薬は、医師の処方が必ず必要な分類の薬です。医師は患者さんごとの容態や体質を確認し、有効性を図りながら最も的確な薬を処方します。医師の指示、薬剤師の指導に従って服用して下さい。

またまれにですが、副作用が出る場合がございます。有効な薬も体にとってはあくまで異物ですし、服薬してみないとわからないこともございます。またその時の体調などにも影響を受ける場合もあります。万一調子が悪くなった場合は一旦薬の服用を中止して、医師や薬剤師にご相談下さい。

OTC医薬品との違い

OTC医薬品とは、Over the Counterの略でドラッグストアなどで売られている医薬品のことです。医療機関が処方する要指示医薬品と違い、医師の処方が要りませんので店舗等で購入が可能です。お手軽で良いのですが、医師が関与せずに自由に買えるということは、裏返して申し上げれば効果はそれほどではないという事です。有効性と副作用はある程度相関関係にありますので、仕方がないかも知れません。

OTC医薬品は有効成分が単剤のものもありますし、いくつかミックスされたものもあります(総合感冒剤など)。例えば運転に従事する方が、知らずに眠気のあるOTC医薬品を飲んでいたという可能性もありますので、成分を確認の上服用して頂くのが良いと思います。

また風邪などでOTC医薬品の解熱剤を飲んでいて、一向に良くならず来院されるケースも多くあります。熱は体がウィルスなどを殺そうとする防御反応なのですが、解熱剤で熱を下げてしますうとせっかくの防御システムが上手く働かなくなりますね。頭に入れておいて下さい。

まとめ

院外調剤、処方箋の有効期間、ジェネリック医薬品、AGなどについてご理解頂けましたでしょうか?

医薬品は病気を治してくれたり、痛みなどを楽にしてくれます。しかし飲み方を誤れば、副作用なども起こります。ご自身で判断せず、正しい知識を持っている医師に是非ご相談下さい。

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME