メニュー

舌下免疫療法について

スギ花粉症・ダニアレルギーに悩まされているあなたへ

舌下免疫療法で、つらい鼻水・鼻閉・くしゃみ・目のかゆみから解放されませんか?

スギ花粉症やダニアレルギーの、つらい症状を治す可能性を秘めています!

鼻水・鼻閉・くしゃみ・目のかゆみ、耳のかゆみ、咳…。
いらいら感、思考力の低下、疲労、睡眠障害や外出を控える事も…。

こんなつらい花粉症・ダニアレルギーですが、今までは初期療法(予防的に症状が出てくる前に薬をのむ)や対処療法(出てきた症状を抑える薬をのむ)しか方法がありませんでした。
しかし新しい治療法「舌下免疫療法」は、アレルギーを根本から治す・軽くすることが可能になりました。

『舌下免疫療法とは?』

舌下免疫療法はアレルゲン免疫療法の一つで、アレルギーの原因であるアレルゲンを少量から投与することで、体をアレルゲンに慣らし、根本的な体質改善が期待できる治療法です。
今までの統計では、舌下免疫療法を受けたスギ花粉症の約80%の人は効果を実感、約30%の人は内服薬がいらなくなっています。
つまりくしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ改善されて根治すれば、もう通院の必要がなくなる治療法です。

免疫療法自体は新しい治療法でなく、注射という形で昔からありました。しかし注射による痛みの問題、頻繁に通院しなければならないという問題がありました。
一方「舌下免疫療法」は舌の下に口の中でとけるラムネのような治療薬(口腔内崩壊錠)を置くため、注射のような痛みがなく、自宅で服用できます。通院回数も月1回と、注射の治療に比べて大幅に治療を続けやすくなっています。ただ注射の治療と同じように通院期間は数年、最低でも3年は必要となります。
また治療には原因となるアレルギーの原因物質(アレルゲン)を確定する必要があります。ですので1回目の診察の時に採血の検査をして、治療法への同意書をお渡し、ご自宅でご記入いただいて2回目の診察から舌下免疫療法の治療を始めます。

 

舌下免疫療法の注意点について

  1. 舌下免疫療法は全ての原因物質(アレルゲン)に対してではなく、現時点では『スギ花粉症』と『ダニアレルギー』のみです
  2. この治療法は毎日原因物質のエキスが入った治療薬を舌の下に置き、その後飲み込むことを最低3年間続ける必要がございます(3~5年が推奨)。この3年間は毎月1回必ず通院が必要です。患者さん自身の理解と毎日続ける根気が必要な治療法です。
  3. アレルゲンを投与することから局所や全身のアレルギー反応がおこるおそれがあり、まれに重篤な症状(アナフィラキシー)が発現するおそれがあります。そのため初回のエキス投与はクリニックの中で行い、その後30分間はクリニックの中で過ごしていただき、副作用が起こらないか確認する必要があります。
  4. その1週間後に必ず受診する必要があります。
  5. また下記の病気をお持ちの方は治療は出来ません。
    ・気管支ぜんそくで治療を受けている方
    ・妊婦の方
    ・高血圧治療で”β遮断薬”をのまれている場合は、薬の変更が必要
    ・口の中にエキスを入れるので、口の中が傷ついていたり、歯医者さんで治療している場合は治療の中断の相談が必要
  6. この治療では舌下に治療薬を保持、上記の副作用の危険性について患者さんに理解していただく必要があるため、当院では7歳以上の方のみ治療を行っております。なお7歳以上12歳未満の方でも、治療の継続や理解が困難と医師が判断した場合は、治療はお断りすることがあります。
  7. またスギ花粉症・ダニアレルギーの舌下免疫療法は両方とも適応がある方は可能ですが、開始時期については、当院では2か月ほどずらして行います。

 

治療期間と金額

最初の月はスギ花粉症・ダニアレルギーを確認するためにその検査費用や処方せん料や薬局での薬代を含め5000~8000円ほどかかります(必要な検査が異なります)。
それ以降は再診料や処方せん料・調剤薬局での薬代を含め、ひと月あたり2000~3000円程度です。初回舌下免疫投薬後は1週間後に、それ以降は毎月1回通院いただきます。
(上記の費用はいずれもあくまで目安で、処置を行ったり通院の間隔によって異なる場合があります)。

医師より舌下免疫療法について

ここまでご覧になった方は、3年間毎月通院しなければいけない事を大変と感じられたかもしれません。しかし、舌下免疫療法はきちんと治療を続けることによって、スギ花粉症やダニアレルギーを根治(元から治す)できる可能性のある治療法です。
今まで春先に大変だった症状やダニアレルギーの症状から、4年目以降は解放される可能性があります。もしそこまで効果が出なくても今までどれだけ薬をのんでいても効果がとぼしかったのに、飲み薬1種類だけで済むといった薬の減量が可能になります。
(*よくわかる舌下免疫療法~問い合わせの多いご質問と解答

 

治療の流れ

治療手順は大きく4つに分かれます。
なお(A)スギ花粉症、(B)ダニアレルギーの舌下免疫療法で少し治療の流れが違いますので、分けて記載します。
(1)初診、(2)再診、初回のクリニック内での投与、(3)初回投与後の1週間、(4)1週間後再診以降、に分かれます。

(A)アレルギーの原因が「スギ花粉症」の場合

(1)初診

STEP1 受付にて「スギ花粉症の舌下免疫療法」を受けたい旨をお申し出下さい。その後診察を受けて頂きます。

STEP2 診察で舌下免疫療法の適応であるかどうか、また患者さん自身の通院への意志などを確認させて頂きます。問題なければ採血検査(特異的IgE抗体検査)を実施します。

STEP3 「舌下免疫療法の同意書」をお渡ししますので、ご自宅で治療法の理解も含めじっくりと検討して頂きます。治療法やリスクについて納得された場合は同意書にサインをして頂き、

次回初回投与の際に、必ずその同意書をご持参ください(同意書にサインがない場合は、治療はできません)。

(2)再診・クリニック内での初回投与

STEP1 受付にて「スギ花粉症の舌下免疫療法の初回投与を受けたい旨をお話しください。なお初回投与は投与後院内に30分間居て頂く必要がありますので、午前診療では11時半までに、午後診療では17時半までにご来院下さい。

STEP2 採血結果をご説明致します。舌下免疫療法の適応の有無、同意書のサインと内容の理解を確認後、シダキュア(2,000JAU)という薬剤を初回処方致します。

STEP3 院内でスタッフの立ち合いのもと、処方薬を舌の下に置き、1分間保持します

STEP4 その後投与薬を飲み込みます。その後5分間はうがい・飲食を控えてください。

STEP5 副作用が起こらないか確認するために、待合室で30分お待ち頂きます。気分不良などがあればスタッフにお声かけください。

STEP6 30分経過後帰宅される際に、スタッフにお声かけ頂き問題がなければ診察終了となります。

 

(3)初回投与の翌日から7日目までに患者さんにして頂くこと

STEP1 1日1回治療薬を舌の下に置いてください。その後1分間保持します。投与する時間帯はいつでもよいのですが、午前中が望ましいです(副作用が起きた時の対処がしやすいため)。当クリニックでは、”朝”服薬される方が多いです。

STEP2 投与薬を飲み込みます。その後5分間はうがい・飲食を控えてください。

STEP3 服用する前後2時間程度は、激しい運動、アルコール摂取、入浴などは避けるようにしてください。朝の投与での注意は、投与後通勤のために走ったり、その後温かいシャワーなどを浴びると副作用が出やすくなりますのでご注意下さい。

 

(4)1週間後再診・それ以降について

STEP1 1週間後再診(きっちり1週間後が無理であれば、1週間以内に再診でもOK)して頂き、口の中に腫れがないか、口の中・のど・耳のかゆみ、のどの違和感などの副作用がないかを確認します。

STEP2 問題がなければ、シダキュア舌下錠(5000JAU)を2週間処方して診察終了となります。

STEP3 2週間後再診(きっちり2週間後が無理であれば、2週間以内に再診でもOK)して頂き、診察にて口の中に腫れがないか、口の中・のど・耳のかゆみ、のどの違和感などの副作用がないかを確認します。

STEP4 問題がなければ、シダキュア舌下錠(5000JAU)を4週間処方致します。これ以降は問題がなければ、月に1回の診察となります。

 

(B)アレルギーの原因が「ダニ」の場合

(1)初診

STEP1 受付にてまず「ダニアレルギーの舌下免疫療法」を受けたいことをお申し出下さい。その後診察を受けて頂きます。

STEP2 診察で舌下免疫療法の適応であるかどうか、また患者さん自身の通院への意志などを確認させて頂きます。問題なければ採血検査(特異的IgE抗体検査)を実施します。

STEP3 「舌下免疫療法の同意書」をお渡ししますので、ご自宅で治療法の理解も含めじっくりと検討して頂きます。治療法やリスクについて納得された場合は同意書にサインをして頂き、次回初回投与の際に、必ずその同意書をご持参ください(同意書にサインがない場合は、治療はできません)。

(2)再診・クリニック内での初回投与

STEP1 受付にて「スギ花粉症の舌下免疫療法の初回投与を受けたい旨をお話しください。なお初回投与は投与後院内に30分間居て頂く必要がありますので、午前診療では11時半までに、午後診療では17時半までにご来院下さい。

STEP2 採血結果をご説明致します。舌下免疫療法の適応の有無、同意書のサインと内容の理解を確認後、ミティキュアというお薬を初回投与致します。この際抗ヒスタミン薬も1週間処方します。

STEP3 院内でスタッフの立ち合いのもと、まず抗ヒスタミン薬を飲んで頂きます。その後待合室で15分ほどお待ち頂きます。

STEP4 15分経過後、舌下免疫療法のミティキュアを舌の上に1分間保持し、その後飲み込んで頂きます。その後5分間はうがい・飲食を控えてください。

STEP5 副作用が起こらないか確認するために、待合室で30分お待ち頂きます。気分不良などがあればスタッフにお声かけください。

STEP6 30分経過後、問題がなければ診察終了となります。

 

(3)初回投与の翌日から7日目までに患者さんにして頂くこと

STEP1 1日1回治療薬を舌の下に置いてください。その後1分間保持します。投与する時間帯はいつでもよいのですが、午前中が望ましいです(副作用が起きた時の対処がしやすいため)。
    当クリニックでは、”朝”服薬される方が多いです。

STEP2 投与薬を飲み込みます。その後5分間はうがい・飲食を控えてください。

STEP3 服用する前後2時間程度は、激しい運動、アルコール摂取、入浴などは避けるようにしてください。朝の投与での注意は、投与後通勤のために走ったり、その後温かいシャワーなど
    を浴びると副作用が出やすくなりますのでご注意下さい。

 

(4)1週間後再診・それ以降について

STEP1 1週間後再診(きっちり1週間後が無理であれば、1週間以内に再診でもOK)して頂き、口の中に腫れがないか、口の中・のど・耳のかゆみ、のどの違和感などの副作用がないかを確認
    します。

STEP2 問題がなければ、抗ヒスタミン薬は終了してミティキュア舌下錠(3300JAU)を2週間処方して診察終了となります。(副反応が強ければ、2~4週間ほど抗ヒスタミン薬の服用を続けます

STEP3 2週間後再診(きっちり2週間後が無理であれば、2週間以内に再診でもOK)して頂き、診察にて口の中に腫れがないか、口の中・のど・耳のかゆみ、のどの違和感などの副作用がないかを確認します。

STEP4 問題がなければ、ミティキュア舌下錠(10,000JAU)を4週間処方致します。これ以降は問題がなければ、月に1回の診察となります。

 

 

よくある質問

舌下免疫療法について、よくあるご質問を以下にまとめましたので、ご参考にして下さい。


Q1いつから始められるの?


A1スギ花粉症の場合は、スギ花粉が飛んでいる時期は、治療を新たに開始することができません。また花粉症で外来診療が混雑する時期は、治療の開始はお断りしております。
ですので、当院では6月~11月末までの治療開始をしております。


Q2効果はどれくらいで現れるの?


A2効果には個人差があり、初年度から効果が実感できる人もいれば、3年間治療しても症状が変わらない方もおられます。統計的には3年以上正しく治療が行われた場合、約8割の方が効果を実感しています。


Q3効果があるのはスギ花粉症やダニアレルゲンによる通年性アレルギーだけなのですか?


A3その通りです。スギ花粉のエキス(シダキュア)はスギ花粉症にだけ、ダニアレルゲンのエキス(ミティキュア)はダニアレルゲンによる通年性アレルギーにだけしか効きません。


Q4舌下免疫療法に副作用は?


A4主な副作用
口の中の副作用(口内炎や舌の下の腫れ、口の中の腫れ、かゆみ、不快感など)、のどのかゆみ、刺激感、不快感、耳のかゆみなど。
重大な副作用頻度は低いですが、アナフィラキシーショックがあります。アナフィラキシーショックがひどい時には、最悪の場合、死に至る可能性があります。


Q5こどもやお年寄りはできるのでしょうか?年齢制限は?


A5 65歳以上の方はできません
また小児も薬剤を舌下に定められた時間保持できるかと、舌下投与前後に運動を自制できるかが投与の目安となり、当院では7歳以上を一つの目安としています。また小さなお子様では、保護者などの舌下免疫療法への理解のもと、保護者などの管理下にて服用することも重要かと考えています。


Q6スギ花粉症やダニアレルゲンによる通年性アレルギーの確定診断を受けていないが、舌下免疫療法をうけたいのですが、治療できますか?


A6採血のアレルギー検査で確定診断がついていなければ、自覚症状だけでは舌下免疫療法の治療はできません。


Q7年齢の問題がなく、スギ花粉症やダニアレルゲンによる通年性アレルギーの確定診断がつけばどんな人でも、舌下免疫療法の治療ができますか?


A7冠動脈狭窄などの心疾患のある方、高血圧症でβ遮断薬を服用している方、コントロールが不良な気管支ぜんそくのある方、妊娠中の方または近いうちに妊娠を希望する方、がんの治療中の方はできません。また安全な治療継続が困難と医師が判断する場合もできません。


Q8歯の治療や口内炎など口腔内の傷がある場合は、治療を続けてもよいのですか?


A8受診してご相談ください。歯の治療の場合は歯科医に傷の治り具合の確認が必要な場合があります。


Q9出張にもっていくのを忘れて、4日間治療できませんでした。どうしたらよろしいでしょうか?


A9治療の時期や中断の期間によって、再開の仕方が変わります。詳しくは受診してご相談ください。


Q10通院は毎月でないといけないのですか?


A10毎月1回の通院が必要です。


 

*よくわかる舌下免疫療法~問い合わせの多いご質問と解答

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME