Tel. 052-222-3387TEL

WEB仮受付

〒460-0008 名古屋市中区栄1丁目2-3 プラウドタワー名古屋栄2階

  めまいについて

めまいについて

診療時間
10:00~13:00 -
15:30~19:00 - - -

めまいについて

めまいには下記の3種類があります。

1. 耳に原因があって起こるめまい:グルグルめまい(回転性めまい)が多い

回転性のめまいの場合には、めまいと同時に耳鳴りが起きる場合があります。また、気分が悪くなるために吐き気や嘔吐を伴うこともあります。回転性めまいは三半規管が何らかの原因で正常に機能しなくなることによって起こることが多いのですが、絶対ではありません。

回転性めまいの代表的な病名として良性発作性頭位めまい症、メニエール病、前庭神経炎などが挙げられます。

赤外線のカメラがついた特殊なメガネのような検査

a) 良性発作性頭位めまい症(benign paroxysmal positional vertigo:BPPV)
ある一定の頭の位置や動かしたことにより、誘発される回転性のめまい発作を特徴とします。眼の異常な動き(眼振と言います)が、頭を動かした後数秒後に現れ、10~20秒程度の短時間でなくなります。当院では、赤外線のカメラがついた特殊なメガネのような検査機で、この眼振を正確に観察し、診断します。BPPVの場合は、そのままリハビリの体操を治療として施行する場合もあります。

浮遊耳石

耳の神経の内耳の中にある半規管というところに浮遊した耳石が原因で起こり、リハビリの体操(eply法等)はこの浮遊耳石を元の場所に戻してやる体操です。

b) メニエール病
典型例では、めまい、耳鳴り、難聴の3症状を発作的に繰り返す病気で、フランス人のメニエルが、めまいのなかには、脳の病気ではなく、内耳の異常によるものがあることを見つけました。

リンパ水腫ストレス・過労・睡眠不足

原因は、耳の神経の内耳の中にある三半規管のむくみ(リンパ水腫(左図))が原因で起こります。
リンパ水腫の原因は不明ですが、ストレス・過労・睡眠不足などが原因で起こると言われています。

この病気の大変なところは、耳鳴やめまい発作を繰り返し、やがて耳鳴や高度難聴が残ることがあります。ですので、メニエール病の疑いのある方は聴力検査は必ず必要です。
治療は薬としては、リンパ水腫のむくみを取る内服薬などを使います。
但しこの病気はストレス・過労・睡眠不足など心身のくたびれを和らげる生活改善が大切です。
聴力やバランスを取る神経が悪い状態で固定してしまう前に、ご相談下さい。

c) 前庭神経炎
感冒などによる内耳のウイルス感染や血行障害が原因と言われています。
メニエール病と違い、難聴や耳鳴はありませんが、激しい回転性めまいが起こることがあります。
回転性めまいがなくなったあとも、特に頭を動かした時に、フワフワした感じが残る時があり、バランスを支配している神経の機能が著しく低下している場合があり、注意が必要です。

前庭神経炎

めまい発作が著しい時期は、動くとうまくバランスを保てず、危険な場合もあり、安静が必要です。
但しある程度めまい発作が落ち着いてきたら、安全を確保しながら、体を動かした方が、リハビリが進みます(前庭代償)。相談しながら、積極的なリハビリをすることもあります。

2. 脳に原因があって起こるめまい:フラフラめまい(浮遊性めまい)が多い

脳からのめまいは、耳からくるめまいに比べて、あまり多くなく、めまい全体の10%位です。
めまいの原因となる脳の障害は、主に小脳や脳幹などの病気です。

脳出血、脳梗塞など

a) 脳出血、脳梗塞など
激しいめまい(フラフラめまい)が生じ、「ろれつ」が回らなかったり、物が二重にみえたり、上手く歩けなかったり、身体の片側に麻痺やしびれ、激しい頭痛などの症状があることが多いです。
このような典型的な症状がある場合は、神経内科・脳神経外科を受診されると思います。
しかし障害の部位によっては、必ずしも上記のような典型的な症状が起こらず、グルグルめまい(回転性めまい)が起こることもあり、耳鼻咽喉科受診後、早急に神経内科・脳神経外科を受診する必要がある場合もあります。

b) 椎骨脳底動脈循環不全
椎骨動脈および脳底動脈は、主に小脳や脳幹を栄養する血管で、これらの血管の循環不全で、めまいが生じます。めまいの他、視野障害、意識障害、運動失調、麻痺、構音障害などがあります。
めまいを訴える方が多いのですが、所見がほとんど得られないのが特徴で、このような循環不全はCTやMRI検査でも異常が見つかりません。耳鼻咽喉科受診後、神経内科受診をお勧めすることがあります。

3. 全身に原因があって起こるめまい等

そのほかにも、血圧異常によるめまい、自律神経の失調、心因性めまいなどがあります。

上記でお話ししためまいは代表的なもので、他にも様々な原因があります。
『脳のCTを取ってもらったけど、異常はなく、耳鼻科受診を勧められた。』など気になる方は、まずめまいの検査を受けることをお勧めします。
当院では、眼の異常な動き(眼振と言います)を観察する検査(左図)、からだのバランスを調べる検査(重心動揺検査:左図)などの検査も可能です。

  • 眼振検査
    眼振検査
  • 重心動揺検査
    重心動揺検査

TOP