メニュー

ブログ

『 健康ブログ~コロナに負けない!日本発のワクチン・治療薬!』(2021.08.16更新)

名古屋市中区栄の足立耳鼻咽喉科がお届けする健康ブログです。本職は耳鼻咽喉科領域の治療を専門としていますが、当ブログではもう少し広い視野で、より快適に生活できる情報を発信します。流行りの健康情報ではなく、基本に忠実な情報を書きたいと思っています。宜しくお願い致します。

こんにちは、健康ブログ編集長です。数々の感動を与えてくれたオリンピックも終わり、お盆を迎える時期になりました。ご先祖様あっての私たち、たまにはお墓参りをするのも良いですよ。

本日のテーマは、

「 コロナに負けない!期待の日本発のワクチンと治療薬!」


非常に残念ですが、頼るべき国のコロナ対策は付け焼刃であまり効果がないように思われます。また軽傷~中等者のコロナ感染者は原則自宅待機という方針も、国民や与党からの批判により撤回・修正されました。いろいろな事情があるのでしょうが(そう思いたい)、本当に真剣に考えているのか疑わざる得ない対応ばかりです。このコロナ禍で国の無策、無戦略ぶりが露呈されました。戦後から続いた行政システム、教育システム、そして国の統治に関わる根幹となる考え方があまりに無責任であるということが。

これはそういう政府をずっと受けていれてきた私たち国民に責任があります。政府はあ~だこ~だと批評家みたいな結果論を愚痴っていても何も変わりません。サラリーマンが居酒屋で上司や会社の悪口を言うレベルと何ら変わらない。文句があるならデモを企てる、参加するとか、個人名で抗議の電話やメールをするとか、選挙にいくとか責任と覚悟を持って行動しないといけないですね。菅さんは総理を辞めたら関係ありませんが、その結果は全て最終的に私たち、そして未来を担う子どもたちにまわってきますから。

日本初の優秀な薬たち

富山化学の場合

コロナ感染初期にかなり有名になった薬を覚えてみえるでしょうか? そう、アビガンですね。元々は抗インフルエンザ薬として開発された薬剤ですが、妊婦さんへの影響などで切り札的な存在になってしまいました。しかしコロナウィルスに効果があると言われ、これは世界のスタンダードになるのではと期待しましたが、いろいろな事情がありそうはならなかったですね。

MSDイベルメクチン

販売元は外資メーカーですが、ネットニュースなどでも時々報道される有名な薬ですね。元々は途上国などでたくさん使われている寄生虫駆除剤で、コロナ感染症に効いた症例が多く発見されました。驚くことに開発はMSDと日本の北里大学の大村教授なのです。国産と言っても良いのではと思います。イベルメクチンと聞いてピンと来た方はかなりの業界通?

コロナ感染にも効果が認められていますが、発売元はコロナ治療への適応症拡大(適応症というものがないと保険では使えません)にはあまり乗り気ではない、というか全くないようです。薬価が1錠700円くらいの薬剤なんですが、利益を考えたらコロナ専用の薬として開発し、何万円もする高い薬価で発売した方がいいという魂胆です。民間企業なんで仕方ないですが、納得のいかない気持ちです。それなら国が買い上げてでもと思いますが、そういう発想もないのが残念です。

塩野義製薬の国産ワクチンと治療薬

現在入院患者にはカクテル療法が行われており、初期の患者さんには有効であるという結果が出ています。しかし注射製剤ですし入院は医療関係者にも負荷がかかりますので、出来れば入院せずに済む内服薬があればと皆が期待していると思います。現在はワクチンも全て海外の製薬企業の製品を購入していますが、かなりボラれているのではと勘ぐってしまいます。出来れば安全性も考慮して、日本製がいいですよね。

ここからは朗報で、すでにご存知の方も多いと思いますが、ワクチンは塩野義製薬が年内には発売できると言われています。他にも第一三共なども開発してくれています。第一三共は2022年くらいには発売可能という話です。塩野義製のワクチンはmRNAワクチンではなく、従来のインフルエンザワクチンの作り方「遺伝子組み換え型」です。現在治験中で、効果のもう少し強いアジュバントに変更し試験を続けています。

国内のワクチン接種も1、2回目の接種はかなり進んでいますが、今後の追加接種(mRNA接種者に接種可能かどうかは現時点では不明)を考えると大いに期待が持てます。他のメーカーさんも頑張って下さい。

そしてさらに嬉しいニュースがあります。ネットニュースでも流れているので今更かも知れませんが、同社が内服薬も治験中なんです!

現在はカクテル療法(ロナプリーブという抗体製剤を点滴静注する療法)で、カシリビマブとイムデビマブという舌をかみそうな薬を用います。感染初期には有効だそうですが、当然入院が必要ですり、おそらくコストもかなりかかっているのでしょう。
塩野義製薬の薬は1日1回、5日間投与(承認時どういう用法にあんるかは不明)で効果があるそうです。インフルエンザ治療薬のタミフルやリレンザみたいな感じですね。
年内には承認、発売予定とのことですので、私たち日本人のみならず世界中も注目しているでしょう。

しかし塩野義製薬は優秀です。決して超大手ではないのですが、開発力がすごい。ファイザーやGSKなど外国のメガ製薬メーカーに負けないよう頑張ってほしい。

ネットでの反応も非常によく、皆の期待度が伺い知れます。世界の製薬企業も治療薬を躍起になって創っていますので、来年には何種類か発売されそうですね。そうなればコロナとの戦いも変わってくるでしょう。

昨年からのコロナとの戦いは、あまりにも大きな犠牲を強いられました。感染症との戦いは永遠のテーマですが、本当の意味で共生できる世の中にしてほしいと願います。

それでは、また来週!

 

 


--------------------------------------
◇ 編集後記

暗いニュースばかりのコロナ関連ですが、ようやく明るい話題も出てきましたね。必ず克服してくれることを祈ります。

話は変わりますが、私も新しい取り組みに成功しました。それは・・・玉子焼き作りに成功したのです!
え、そんな小さな事? たしかに主婦の皆様には当たり前すぎることでしょうが、私にとっては永遠の憧れ、玉子焼きですよ、すごい。

大奮発して玉子ひとつ用の四角いフライパンを購入、そこにおもむろに玉子を流し込む。そして味がまた旨いんですよ、これが。
いや~天才というものを見た気がしました(笑)。小さなことですが、何か出来るようになるって嬉しいものです。

 

---------------------------------------

コロナ感染が拡大していますが、正しく知り、賢く対応していきましょう。

ウィルスが繁殖しやすい季節です。マスク・手洗い・アルコール消毒・3密対策は忘れずにお願いします。

☆ 花粉症の方!つらいアレルギー性鼻炎の対策を打っておきましょう。

 ・初期療法!転ばぬ先の杖です。1月下旬頃から花粉症の薬を飲み始める治療法で、単純ですが効き目大! 

 ・根本的に治る可能性大! 舌下免疫療法を始めてみませんか? 

 ・即効性なら、レーザー治療です!  

 ・通院が難しい方、コロナ感染が心配な方、オンライン診療を考えてみませんか? 

---------------------------------------------

「 安心・安全で人に優しいクリニックをつくり、地域社会に幸せの循環を創る 」

1、足立耳鼻咽喉科 四日市本院:三重県四日市市羽津山7-8

2.足立耳鼻咽喉科 伏見クリニック:愛知県名古屋市中区栄1丁目2-3 プラウドタワー名古屋栄2F

----------------------------------------------

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME