メニュー

『健康ブログ~体を冷やさない!温活始めましょう』

[2020.01.21]

『 足立耳鼻咽喉科伏見クリニック 健康情報ブログ 』

名古屋市中区栄地区で開業する「足立耳鼻咽喉科 伏見クリニック」スタッフが創る
健康な暮らしの為の健康情報ブログです。

耳・鼻・のど以外の健康に関する情報も掲載しています。
地域の方のお力になることが出来れば幸いです。

こんにちは、足立耳鼻咽喉科 健康情報ブログ編集者の嵐です。

ノロウィルスによる胃腸炎が流行しています。通常の胃腸風邪とは違い、
症状(嘔吐・下痢)が非常に厳しいです。
私も10年くらい前に感染しましたが、未だに記憶に残る壮絶な戦いでした・・

うがい、手洗い、充分な睡眠と休養、栄養バランスの良い食事、温度管理などご自愛下さい。

さて本日の健康情報は、

『 体を冷やさない!温活、始めましょう! 』

今は寒い季節ですので自然と冷えますが、最近は真夏でさえもエアコンの影響で冷えて
います。年中冷えに悩む女性の方は、多いのではないでしょうか?

また女子中学生、高校生の服装も薄い! 真冬でも生足?
元気じゃのう!

ただ、いくら元気ざかりとはいえ、発育途中の体にとって決して良いとは思えません。

ヒートテックなど薄くて暖かいアンダーウェアもたくさん出回っていますので、
上手く活用願いたいものです。

そもそも、なぜ体を冷やしてはいけないのでしょう?

私達のような哺乳類の体は、一定の体温を基本として生理機能を営んでいます。

人間なら大体36℃くらいでしょうか、その体温で各臓器、基礎代謝、免疫系などが正常に機能
しています。それ以下になると、何とか体温をあげようと体はあの手この手を使います。

例えば真冬に長い間野外にいると、震えてきますよね。あれも震えることで体温を上げようとする
防御機能のひとつだそうです。

逆に夏は汗をかくことで体温を下げようとします(気化熱の応用ですね)。

このように一定の体温を保つことが、非常に重要なのです。

 

しかし・・・

 

ヒトの体温は下がりつつあります・・・

一説によれば、50年ほど前は平均体温36.89℃だったそうですが、前述したように

現在の平均体温は36.2℃。かなり下がってきているのが、おわかりいただけると思います。

原因は、現代人の食生活、住環境、生活習慣、そして筋肉量の低下がその要因と言われています。

 

体温が1℃下がると、免疫力は30%も低下するという説もあるそうです。

 

また各臓器の働きも低下したり、血行が悪くなったり、基礎代謝が低下することによる肥満、記憶力も
低下、はては認知症になる確率も増えるとも・・・

 

マズい、マズいですよ~。良いことはあまりなさそうです~。

一度、定期的に体温を測って、自分の平均体温を知りましょう。
風邪などで熱がある時しかなかなか測りませんから。

その上で、体温が低めで日頃から”冷え”を感じられているなら、体を温める習慣を身につけませんか?

 

 

それでは、体を温める習慣をいくつかご紹介致します。

 

 

1.温める前に、冷やさない工夫を!

 

冷え性は女性に多いと思いますが、拝見していると、以外と薄着ではないかなと思います。

ファッション、TPOに合わない厚着はお勧めしませんが、ヒートテックなどの薄くて暖かい服装なら影響も少ないと思います。

太い血管が通っている首元を温めると、全身にまわる血液を温めることにもなります。
マフラーなどを上手く使ってくださいね。
寝る時なども首元を温めて寝ると、上記の理屈で免疫も上がり、ぐっすり眠れます。

特に冷やしてはいけない部位は、お腹周り

夏でも腹巻を愛用している方もいるほどで、免疫の中心となる臓器が集中していますので、

温かくする工夫をしましょう。

 

腹巻をする女性

 

 

2.体を冷やす「冷たい飲み物、温かくない食べ物」は極力取らない!

 

国際線のCAさんの書かれた記事の中に、

「中国人は、常にマイ魔法瓶の中に温かいお茶を入れて、持ち運んでいる」

と書いてありました。これも体を冷やさない方法のひとつですね。

私も夏でも常温のお茶か水、冬は白湯(さゆ)をマイボトルに入れて常備しています。
飲んだ後の体の暖かさが、全く違います。また男性は下痢しやすい方が多いと思いますが、
白湯生活をすると全くなくなります。少し面倒ですが、是非取り入れて欲しいです。

また、コーヒーも良いのですが、利尿作用は強いのと臭いの問題で、紅茶か白湯にしています。

紅茶は緑茶並みに抗菌作用があるようで、うがいにも有効であると専門医が語っていました。

 

 

 

3.筋肉を増やす!

筋肉量を増やすことが体温を上げることにつながります。
現代の生活はあまり体を動かさなくても成り立つのが良いところでもありますが、やはり体を動かす、
歩く、走る、筋トレをするなど努力しましょう。

家事も一通りやるとかなりの全身運動になります。家の中もきれいになって一石二鳥ですね。

ちなみに筋トレなど体を使った運動の時は、鍛えられるであろう部位を意識しながら行うと、
尚一層良いとのことです。

運動する女性

 

 

 

以上、すぐにでも行えることばかりです。これから一番寒い季節を迎えますので、是非実行して
頂けると、より健康で暮らしていけると思います。

それでは、また来週!

 

=============================================

■ 編集後記

文中で「白湯(さゆ)」の話をしました。なんか年寄りクサいと思われたかも知れませんが、本当に
温まるんですね~。外出先で飲むと”ホッ”としますよ。幸せな気分になります。

 

また食事は、やはり”鍋”! 魚介類も美味しいし、肉もいい、そして何よりたっぷりの野菜がまたまた
ウマ~い!(満天!青空レストラン 宮川さんの決め台詞風)

エキスもたっぷり出ていますので、野菜スープみたいに結構飲み尽くします。
ビールとスープの相乗効果で、夜のトイレが近くなって、寝不足で・・・。

多分健康に良いと思います・・・皆様も是非お試し下さい。

 

---------------------------------------

☆ 足立耳鼻咽喉科は「アレルギー性鼻炎」のトータルケアクリニックを目指しています。

花粉症の方、必見!つらいアレルギー性鼻炎の対策をご存知ですか?


(1)【重症の方へ!】花粉症重症の方に大朗報!速効性と効果を兼ね備えた「ゾレア注」をご存知ですか? 

(2)【花粉症が治る!?】成功者続出の「舌下免疫療法」! 

☆ ”いびき”が気になる方、ご家族に指摘された方は一度検査した方がいらっしゃいませんか?

【 CPAP(シーパップ)治療 】なら”いびき”に隠れた病気=「睡眠時無呼吸症群」を改善できます!


--------------------------------------

公式YouTube、始めました!

「耳鼻科医足立の健康第一!」


---------------------------------------

<当ブログ記事に関しての注意>

・当院の健康記事の詳細は、専門の医療機関にてお尋ね下さい。


---------------------------------------------

「 安心・安全で人に優しいクリニックをつくり、地域社会に幸せの循環を創る 」


1.足立耳鼻咽喉科 四日市本院:三重県四日市市羽津山7-8

2.足立耳鼻咽喉科 伏見クリニック:愛知県名古屋市中区栄1丁目2-3 プラウドタワー名古屋栄2F

----------------------------------------------

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME