Tel. 052-222-3387TEL

WEB仮受付

〒460-0008 名古屋市中区栄1丁目2-3 プラウドタワー名古屋栄2階

スタッフブログ

スタッフブログ

診療時間
10:00~13:00 -
15:30~19:00 - - -

『認知症になりやすい人 9つの対策(前編)』

2019年10月15日

こんにちは、足立耳鼻咽喉科伏見クリニック専属 健康ブロガー嵐です!
台風19号が各地で甚大な被害を及ぼしましたが、皆様のお住まい等々問題はなかったでしょうか?

「三重県四日市本院」では言わずと知れた嵐ですが?、伏見クリニックのある名古屋では
まだ新参者、毎週発刊する健康情報で有名ブロガーを目指します!

ハンドルネーム「嵐」の由来ですが、私、ご縁あって一昨年頃まで”嵐ファンクラブ”に所属して
いました。
え、珍しくない?たしかにその通りですが、60歳に届こうかという年齢の男性ファンは
そうはいないでしょう、ハッハッハ。

スマップ亡き後、ジャニーズをいや日本のアイドル界を支え続けるのは”嵐”。
解散宣言されましたが、それまで一緒に燃えましょう!

いやいや、ついつい興奮してかなり話がそれましたが、今後ともよろしくお願い致します。

 

 

さて本日のテーマは、

 

『 認知症になりやすい人 9つの対策(前編) 』 です。

 

 

本日ネットを立ち上げますと、「msnライフスタイル」という記事が目につきました。

私もそうですが、私の母(87歳)は、かなり忘れっぽくなってきています。
今そこに置いたモノも忘れている・・・認知症でしょうか・・・心配です。

認知症 思いだせない

 

ここでひとつ質問です。「認知症は予防できると思いますか?」 YES!or NO!?

答えは・・・NO!です。

残念ながら今のところは認知症にならないという意味での予防、そして発症後治癒させることは出来ないようです。

ただ発症を先延ばしにさせることは可能です。こう仰るのは、著書「認知症ポジティブ!」で
有名な群馬大名誉教授の山口先生です。

現在認知症の患者数は全国で500~600万人と言われています。2025年には65歳上の、
実に5人に1人が認知症という推計も出ています。大変な事態です・・・

 

ここからは山口先生のコメントを抜粋させて頂きます。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
「認知症有症率の実態調査によると、認知症は70才を超えると急激に有症率が上がり、5才ごとに
倍になるという結果が出ています。

85~90士歳では4割。さらに、95才以上になると8割が認知症になるのです。

つまり、長生きすればするほど認知症になりやすくなるというわけです。
残念ながら長寿にはもれなく認知症がついてくる。長寿と認知症はセット、健康に生きていれば
誰でもいつかは認知症です・・・」

「認知症という病気は、症状がない時間がとても長いんです。早い人では、40、50代から20年くらい
かけて徐々に脳がむしばまれ、やがて発症します。
生活に支障が出たときが認知症の発症で、予防するなら発症の20年前からが重要です。

また、遺伝的要素が非常に強く、根本的な予防策がないのが現状。ワクチンが開発中ですが、
まだ実用段階ではありません。
つまり、運動や食べ物、行動、考え方などのライフスタイルを見直して、発症を“先送り”する
しかないんですね」

健康に注意して認知症を先送りすれば、同時に長生きする。
しかし長生きすれば認知症になる確率が上がるという悩ましい現実に、妙齢の観客たちも身を乗り出して話に

聞き入っている。

どうせ認知症になるとしたら、なるべく長生きして楽しく過ごしたいもの。

 

そこで山口さんが提唱する考え方が“認知症ポジティブ”だ。

「認知症に対して不安や恐れを感じて心配して生きるほど、認知症にかかりやすくなるといえます。
ネガティブな感情は脳にストレスとなって、ダメージを及ぼします。
癌にならず、糖尿病にもならず、元気で長生きしたからこそ、認知症になれた。
そうポジティブに考えることで、少しでも心が軽くなればいいと思うんです。

認知症は長生きの“勲章”だと考えてみるのはどうでしょう?もちろん認知症になってしまったら、
辛いことも悲しいことも多いのが現実ですが、

認知症の当人も、介護する人も、認知症をポジティブに捉えることで、その後の人生をより幸せに生きられる。

ポジティブな考え方や生き方によって認知症をなるべく先のばしにし、認知症になってしまったとき進行をゆるやかにすることもできるのです」

明るい老後

 

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

ムムム・・・予防できます、とか治療できますというコメントを期待しましたが、現段階では難しいようですね。

でも現実がそうであるなら、山口先生が仰るように生活習慣を改善し、ポジティブに楽しく明るく生きるしかありませんし、

何よりその方が悩み苦しむより楽しい。もちろん実際は辛いこともたくさんあり、いうほど簡単ではないかも知れませんが。

それでは、具体的にどうすればいいの? 解決策はあるのでしょうか?

いよいよ佳境に入るところですが、紙面の関係上来週までお待ち下さい。
ひっぱりますよ~!

それでは、また来週!

TOP