メニュー

ブログ

『 グロウアップ講座~他人ごとを自分ごとに出来れば、仕事は必ず成功します!』(2021.11.19更新)

名古屋市中区栄の足立耳鼻咽喉科伏見クリニックです。医薬品営業歴36年の営業マンがおくる、ビジネスパーソン向け自己啓発・自己成長支援ブログです。仕事の悩みを改善し、レベルアップして頂ければ幸いです。

「ビジネススキルとマインドが成長する~グロウアップ講座 第93回」を始めます。

こんにちは、人財開発部 元営業マンのケンシロウです。年末商戦になってきましたね~、忙しいと思いますが、今年最後の踏ん張り時ですので頑張って下さい。


本日のテーマは、

「自分ごととして捉えたら、仕事の成果は大きく変わる! 」

”顧客第一主義””お客様が一番大事”等々、各企業の理念は様々ですが、お客様を最優先する考え方はどこも同じでしょう。そして各お得意先の担当者は、企業の理念や考えを代行する実践者です。お客様の様々な要望や交渉に答えてニーズを満たし、その報酬として売上・利益を頂きます。この点には異論はないでしょうが、何故か企業間・担当者間の差は明確に現れます。この差はどこから生まれるのでしょう。個人の能力の差と言ってしまえばそれまでですが、もっと根本的な事実があるとしたらあなたはどう思いますか?

成功の要因はいろいろありますが、非常に重要な要因、それはお客様の悩みや改善事項を自分ごととして感じるか、所詮他人ごとであると捉えるかが大きな違いになるのではないでしょうか?

自分ごとと、他人ごとの小さいけど大きな違い

まず大前提の話になりますが、人間誰もが基本的に利他よりも利己的です。生存本能からすれば当たり前の話で、自分より他人を大事にすることは基本的にありません。例外的に相手が愛する人だったり、非常に強い使命感を持っている人はいますが多くはないでしょう。

「そんな事言うけど、俺はお得意先を最重要視しているし、自分事として思っているよ!」

本当にそうでしょうか? 前述したように基本的な成り立ちは利己的ですし、真に自分のことのように思って行動しているかは大変怪しいと思います。それほど難しい考え方なのです。

この「自分ごとと、他人ごと」の違いはどんなものかを、一度自分に置き換えて考えてみましょう。例えば担当のお得意先が業績好調で、もう1店舗追加出店(自分の担当エリア外)をしたいと考え、担当者であるあなたにアドバイスを求めたケースを想像してみて下さい。
普通の人はお得意先に詳細を聞き、現地を確認、その他の情報を集めてアドバイスをしますね。一般的には充分やったレベルですが、この時にどれだけ親身になってアドバイス出来るかが、自分ごとであるのか否かの違いなのです。もっと簡単に言えば、まさに自分が開業するならどう思うか?ということです。アドバイスする立場はいわば楽なスタンスです。なぜなら他人事だから。

でも自分が開業しようと考えたら、かなりの調査をするのではないでしょうか?何十回も検討に検討を重ねて、それでも失敗しないか怖くて決断出来ないかも知れません。これが自分ごとです。

自分ごとにする大きなメリット

語弊を恐れずに申し上げれば、他人ごとで普通だと思います。上手くいけば自分にもメリットがあるかも知れませんし、上手くいかなくても責任は一切発生しません。またいちいち自分のことのようにやっていたら、身も心も持たないですからね。自分事と捉えないのが普通。大部分の人がそうですから。

そんな中、ここで当ブログの読者の方に考えて頂きたいのは、他人のことは他人のことと考えるのは普通なら逆に親身になって自分事として捉えてお手伝いをしたらどうなると思いますか?

様々な情報を収集し、人脈を辿って知見のある人に聞きに行く。その上で何回も何回も思考を重ねて、お得意先にメリットデメリットを提案し、自分の考えをはっきり伝えられたらどうっですか? そのお客様はきっと大変嬉しく思うにではないでしょうか?担当エリア外なのにそこまで調査をしてくれて、言いにくい話もはっきりと伝えてくれる人間。私なら信頼します。他人のことをまるで自分のことのように思える仕事の仕方は必ず感動を生み信頼を得られるでしょう。

私も現役営業マン時代、お客様の為にいろいろなことをしてきました。どれもがもし自分だったらどう考えるか、きっとこうして欲しいと思うから自分もそうしてあげようと行動してきました。時には行き過ぎて社内で問題になり、ペナルティーをくらう場合もありました。また良かれと思ってしても、相手にあまり感謝されず落胆した経験もあります。しかしどれも自分ごとと考えての行動だったので、悔いはなかったですね。

すぐに伝わらなくても、いつか必ず相手に想いや行動は伝わります。もっと言えな見返りはなくても、自分の信念にしたがったという報酬うがあります・。

映画「糸」の中で、榮倉奈々さん扮する余命いくばくもないお母さんが娘に大切なことを話すシーンがあります。

「偉い人間にならなくていい。泣いている人をそっと抱きしめてあげれる人になれば」と。

泣いている、困っている人を助けることの出来る人間、ビジネスパーソンは必ず良い仕事が出来ます。そんな人間になろうと思ってくれたあなた、もう成長していますよ。

それでは、また来週お会いできるのを楽しみにしております。


               


====================================================================

□ 編集後記

毎回生意気で偉そうにお話していますが、私は成功ばかりしてきたわけでもありませんし、スゴいセールスでもありません。でも本質を捉えることだけは誰にも負けない自信がありましたし、それを行動に変換する努力も出来ました。それは与えてくれた親や神様に感謝します。

文中にもありましたが、困っている人や泣いている人を助ける事が出来る人間になりたいと強く願っています。頭で思うほど上手くはいきませんが、そうありたい。
ブログが少しでもお役に立つことが出来れば、幸いです。これからも宜しくお願い致します。

 


「 安心・安全で人に優しいクリニックをつくり、地域社会に幸せの循環を創る 」

足立耳鼻咽喉科 四日市本院:四日市市羽津山町7-8
 

足立耳鼻咽喉科 伏見分院:名古屋市中区栄1丁目2-3 プラウドタワー名古屋栄2F


===================================================================

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME