メニュー

ブログ

『 グロウアップ講座~利己でなく利他こそが、繁栄を招き寄せる秘訣!』(2021.05.28更新)

名古屋市中区栄で開業する「足立耳鼻咽喉科人財開発部 」スタッフがおくる、自己啓発・自己成長支援ブログです。

悩み多い人生を少しでも良く生きる為に、私の知見や経験が役に立てば幸いです。


「心とスキルが成長する~グロウアップ講座 第 71回」を始めます。

こんにちは、人財開発部のケンシロウです。もう数日で6月、9月決算の企業であれば折り返しの月でもあります。自分の成績を達成したい!という気持ちは大事ですが、自分の為だけで動いていても何故か上手くいかない、こんな経験はありませんか?
本日は自分の欲望にどう向き合ったら良いのか、永続的に反映していくにはどうしたら良いのかを考えていきたいと思います。


本日のテーマは、

「欲を出すとろくなことはない!本当に大切にすべきところは? 」

企業の実例

東京オリンピックの開催について、いろいろ取り沙汰されていますが、あなたは賛成派ですか、それとも反対派でしょうか?
様々な意見があると思いますが、少なくともコロナ感染はとどまるどころか増加の一途を辿っていることは事実でしょう。またワクチン接種は皆様がご存知のように世界の中でもかなり遅れています。国家単位の様々な思惑が働きますので私がここでどうこう言えるものではありませんが、世論の80%以上は反対。体感的にも反対意見が多いようです。

当の選手たちはどうかというと、自分たちがどうこう出来ることではないので人事を尽くして天命を待ちますという発言が多い。またはっきり反対意見を言う人ももちろんいます。
それ自体は個人の自由だと思いますが、事実を歪めてしまう報道についてはちょっと・・・

テニスの大阪選手の発言に関わる記事をネットで見ました。要約すると「開催云々は決める立場ではないが、今の状況を見たら考えざる得ない」という内容でした。選手としてプレイはしたいだろうけど、今の状況では・・・という理解出来る内容です。海外のメディアは当然そのまま伝えていたようですが、日本の大手メディアは「開催して欲しい」的な言葉にすり替えていたとの事。

言葉は切り取り方で全く違う意味になりますので、おそらくインタビュの中の都合の良い部分だけを恣意的に切り取ったのでしょう。一般の方は大阪選手はそういう風に思っているのか、開催も有りなのかな・・・と思わされたかも知れません。

なぜこうなったかですが、実は大手メディアはオリンピック関連のスポンサー契約を結んでおり、開催した方がCMをバンバン流せて利益になるからなのです。たしかに営利企業ですので理解は出来ますが、事実を伝えるべきジャーナリズムが自分の利益のために真実を歪める。あってはならない事実だと思います。まさに自分の利益のためです。

しかしこういうことは私たちの身近なところで、たくさん行われています。最近多い企業の不祥事もそうですね。製造工程を故意にカットして人件費を浮かせたり、原料を正規のものからコストの安いものにしたり。全て元をたどれば、コストカット。自らの利益を不当に上げる為にしたことばかりです。

もちろん営利企業ですので利益をだしてナンボですが、製造基準を満たしていない製品を不正に作ったり、偽の原料を使ったり、事実を曲げて伝えることは断固としてやってはいけないのではないでしょうか?

 

身近な欲につかれた行動と対処法

また身近なところでも、欲を出したばかりに失敗してしまった事案はいくつも見られます。

例えばパソコンを買いに家電量販店に行った時のことです。今は事前にネットで性能、デザイン、価格などいろいろ調べてから行くのは当たり前。ある程度の知識と相場観をもって、買い物に行きますよね。

応対してくれた店員さん、親切にいろいろ教えてくれるのはいいんですが、話の端々に「お客さんの決めているパソコンより、こちらの(違うメーカーで、結構高い)パソコンの方がいいですよ」的なニュアンスが伺いしれます。確かに高いパソコンの方がスペックもいいに決まっていますが、予算がありますので安いパソコンでいいのに。
結局当初からの安いパソコンを買いましたが、その店員さんはあまり嬉しそうではありませんでした。

このように自分の成績=欲の為に、お客様のニーズと違うものを無理に進める場合があります。実際私も営業時代に経験がありました。仕方ないでしょと開き直るわけではありませんが、会社の利益を少しでも多く追及するのは社員として当然です。会社の利益とお客様の利益の最大値を合致させることが、会社を代表する営業マンの、顧客の仕入れ代行である担当者の職務であると信じてきました。

時には会社の利益が勝ったり、また反対にお客様の利益の為に会社に無理を言ったりすることもありました。突き詰めていえば、このバランスが大事かと思います。一方的に得ばかりをしようと思うと、お客様から見放されますし、逆であれば会社から疑問視されます。ですからお客様を最大限にするというスタンスはきっちり守りながら、会社の利益、個人の成績をとっていくのがベターだと思います。

とはいうものの私自身の営業人生、いや仕事人生を振りかえっても、欲をだした時はロクな結末にはなっていません。欲を出してもっと大きな購入を提案したところゼロになってしまったり、自分の欲望を抑えて他の人の利益を考え手行動した時に限って、思いもかけない報酬を頂いたり、すごく喜んでもらっって後で倍くらいの注文を頂いたこともあります。利己ではなく利他ですね、

私はここに仕事や人生の極意を感じます。誰もが自分の利益が一番大事で、私なんかもう典型的です(笑)。でもその気持ちからあえて離れて、他者の為に動くことが結果的に自分の大きな利益になって返ってきます。

ここまで読んで理解頂いたあなた、すでに成長しています。

それでは、また来週お会いできるのを楽しみにしております。


               


====================================================================

□ 編集後記

人生についていろいろ考えますが、手っ取り早く出来ることって短期的には成果に結びついても、長期的にはあんまりだったりします。
反対に時間のかかる行動が、結局近道だったりもします。不思議なものですね。

ですから簡便さ・手早さ・簡単さだけを求めるのではなくて、手間も時間もかかるけど本質的なことを是非追い求めて欲しい。
遠回りが意外と近道かも知れませんよ。

 

--------------------------------------------------------------------

「 安心・安全で人に優しいクリニックをつくり、地域社会に幸せの循環を創る 」

足立耳鼻咽喉科 四日市本院:四日市市羽津山町7-8
 

足立耳鼻咽喉科 伏見分院:名古屋市中区栄1丁目2-3 プラウドタワー名古屋栄2F

===================================================================

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME