メニュー

CPAP療法の効果

睡眠時無呼吸症候群の治療法 CPAP(シーパップ)の効果

結論から申し上げますと、CPAP療法は、

「閉塞性睡眠時無呼吸症候群(へいそくせいすいみんじむこきゅうしょうこうぐん)に起因する心血管障害による死亡の危険性を有意に減らします!」

睡眠時無呼吸症候群の危険性は、ホームページや解説ページでご理解頂いたと思います。痛みなどの自覚症状がありませんので、急いで治療しなくてもいいと本人に思わせる沈黙の病気の一つです。しかし多くの研究で、その危険性が実証されています。1522例の睡眠呼吸障害の方を18年間追跡した調査では、CPAP治療をしている人を除外すると重症40%、中等証15%、軽症10%の方が死亡されたという結果が出ています。想像する以上に怖い結果ですね。

CPAP治療を継続するメリットは、

  1. 心血管障害による死亡率の改善
  2. 高血圧の改善
  3. 認知症進行の抑制
  4. 糖尿病の発症リスクの軽減
  5. 昼間の眠気を改善
  6. 夜間頻尿の改善
  7. いびきによる不快感の軽減
  8. 眠気による事故防止

以上のようにCPAPの治療効果はかなり大きく、後々の健康に与える影響をかなり大きいのです。しかし働き盛りの若い方は、ご家族にいびきなどを指摘されてもついつい無理をしがちです。まだまだ人生は長いので、ご自身の為のも大切なご家族の為にも是非治療をして頂きたいと強く想います。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME