メニュー

アレルギーの検査

当クリニックで実施可能な、主なアレルギー検査 

 

View39(ビュー39)

view39とは、即時型アレルギーを引き起こす39種類のアレルゲン(原因物質)に対するIge抗体の量を調べる検査です。
血液中のIge抗体の量を測定することで、特定にアレルゲンに対するアレルギーの有無や程度を吸値で知ることが出来ます。

何からのアレルギーが出た経験をお持ちの方は、一度しっかり確認しておいた方が良いと思います。

 

検査できる39のアレルゲン

  項目 対症
吸入系 室内ちり ヤケヒョウヒダニ、ハウスダスト1
  動物 ネコ皮膚、イヌ皮膚
  昆虫 ガ、ゴキブリ
  樹木 スギ、ヒノキ、*ハンノキ、シラカンバ
  イネ科植物 カモガヤ、*オオアワガエリ
  雑草 ブタクサ、ヨモギ
  真菌 アルテリナリ、アスペルギルス、カンジダ、*マラセチア
  職業性 ラテックス
     
食物系 卵白、*オボムコイド
  牛乳 ミルク
  穀類 小麦、そば、米
  甲殻類 エビ、カニ
  豆類 大豆、ピーナッツ
  肉類 鶏肉、牛肉、豚肉
  魚類 マグロ、サケ、サバ
  果物 キウイ、リンゴ、バナナ
  その他 ゴマ
     

(*印は下記に説明がございます)

 

聞き慣れないアレルゲンがありますので、簡単に補足説明致します。

 ハンノキ・・・カバノキ科に属する落葉樹。日本全国で見られ、成長すると10m~20mにもなります。
  スギ花粉症の方の20%が、このハンノキにも反応すると言われ注意すべき植物です。

 

 オオアワガエリ・・・イネ科の雑草で、日本中いたる所に生息しています。春から秋にかけて花粉を飛散させます。イネ科の植物は痒みを伴うアレルギーを起こすのが特徴だと言われています。

 

 

 マラセチア・・・人の皮膚にいる常在菌の一種。アトピー性皮膚炎にも関係していると言われています。

 

 

 オボムコイド・・・卵に含まれる蛋白質の一種で、加熱した状態の卵のことです。他の蛋白質は加熱により壊されますので、オボムコイドにアレルギー反応がなければ、加熱した卵は大丈夫
  という判断が出来ます。

血液を採取して検査致します。費用はおおよそ7000円くらいですが(2020年現在)、診療報酬改正が隔年~毎年行われますので、保険点数は変動致します。
正確にお知りになりたい方は、当クリニック窓口でご確認下さい。

 

イムノキャップラピッド

主に採血が難しい「幼児や小児」の検査に用います。検査出来るアレルゲンは8項目で、検査時間は約20分です。

  1. ハウスダスト系・・・ヤケヒョウダニ、ゴキブリ、ネコ皮膚、イヌ皮膚
  2. 花粉系・・・スギ、カモガヤ、ブタクサ、ヨモギ

となります。この検査ですと冒頭にも書きました通り、腕から採血ではなくて「指」からごく少量で良いので、お子さんの負担は少ないと思います。

 

まとめ

 

アレルギーの患者さんは年々増加しています。アレルゲンの増加、大気の汚染、化学物質の増大など環境変化は著しく、まさに現代病・文明病と言っても良い状態です。
すでにアレルギーになってしまった方も原因物質を特定することは、非常に大事です。
卵にアレルギー反応を起こすのに、それを知らずに摂取してまたアレルギーを起こすという事を避ける為にも、しっかり検査を受けることをお勧め致します。

 

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME