メニュー

初期療法について

耳鼻科医がお勧めする!
「花粉症をラクにする”初期療法(しょきりょうほう)”」とは?

 

今や花粉症は日本全国で10人に1人、地域によっては5人に1人だと言われるほどの国民病です。
スギの樹の管理の問題、環境の変化、食生活の変化に伴うアレルギー体質をもつ国民の増加など様々な要因が挙げられています。
しかし私たち個人が大きな要因を取り除くことは、正直むつかしい面も。せいぜい生活習慣や食生活を少し改善できるかどうかぐらいでしょう。
花粉症に苦しむ多くの方々は、毎年季節になるとお薬を飲んで急場をしのいでいます。

このページでお伝えしたいことは、

「その”薬の飲み方”を少し工夫すると、シーズンを快適に過ごせるかも知れない」ということなんです。
”知れない”という控えめな表現をしましたが、初期療法のメカニズムを知ってもらえればかなりイイ!と思ってもらえるはずです。

 

まず初期療法とは何か、ということからお話致します。


花粉症の初期療法とは、「花粉シーズン時の症状を抑える、または軽くする為に、発症する前からクスリの服用を始めておく治療方法のこと」です。
簡単に申し上げれば、薬を飲み始める時期を少し早めるだけで、そのシーズンの花粉症の苦しさ・辛さがかなり軽くなるということです。

「でも私は症状が出たら、すぐに耳鼻科に行くから大丈夫だよ!」

「花粉症かあ・・・マスクやメガネ、ティッシュ片手に我慢するしかないよ・・・」

症状が出てから医療機関を受診する。確かにそれはそれで有効だと思いますが、どうせならより良い方法を試して頂きたい。
マスクやメガネも良いと思いますが、花粉症だから諦める必要もありません。簡単で効果が良い方法を試して頂きたい。

それが初期療法なのです。

 

抗アレルギー剤の弱点とは?


抗アレルギー剤の弱点は「症状を抑える”アレルギーの薬”は、効果が出始めるまでに時間がかかる!」ということなんです。

花粉症治療に用いる抗アレルギー剤は、服用してすぐに効果は出ません。個人差がありますが、飲み始めて1週間~2週間くらいかかります。ですので、花粉が飛散し始めて症状が出てからではちょっと遅いのです。

症状は未だ出ていないけど薬を飲み始める! これが後になっての”快適さ”につながります。
これがお勧めの初期療法という治療法です。

 

初期療法の詳しいお話

この治療法のメリットは、何と言ってもツラい花粉症の症状を軽くすることが出来るということです。
それでは実際に何をどうすれば良いのかをお話致します。

1.まずは、1月中にご来院ください。

例えばスギ花粉症の場合でしたら、一般的に花粉が飛散するのが2月中~下旬頃、症状がひどくなるのがその時期~3月下旬頃。この時期の前に(1月下旬~2月初旬)抗アレルギー剤などを服用し始めると、ツラい症状が比較的楽になるということですね。

スギ花粉飛散グラフ

 

2.お薬の選定

昨年の花粉症時期の状況などを振り返りながら、今年のお薬を決めましょう。昨年充分な効果があったのならその薬剤を、効果不充分だったなら違うタイプのお薬に変更しましょう。
花粉症のお薬「抗アレルギー剤」には効果、副作用、飲み方など様々な種類がございますので、患者さんお一人お一人に最も適したお薬を選びましょう。遠慮なくご相談下さい。

3.服用開始

当日、もしくは翌日からお薬を飲み始めます。抗アレルギー剤は効果と眠気のバランスがポイントになります。
効果と眠気などの副作用には相関関係があり、効果の強いお薬は眠気の出る頻度が高く、効果のマイルドなお薬は眠気も少ないということになります。

眠気は飲み続けると慣れてきてあまり感じなくなってくることが多いのですが、そうでないケースや眠気が強く出る時などはすぐにご相談下さい。薬のデータだけでは判断できないケースもございますので、ご注意下さい。

 

後悔先に立たず、今年から早速始めませんか?

花粉が飛散して症状が出始めると、ほとんどの方が、「もっと、早くからクスリを飲めば良かった~!!」と感じます。
”後悔先に立たず”ですが、こうおっしゃる方が大半です。
そして来年こそは初期療法をと誓いますが、その時を迎えると同じことを繰り返します。
人間誰しも同じですが、どうせ飲まなくてはならないお薬を少しだけ早く飲むことでその後の経過がかなり変わりますので、是非お試し頂きたいと思います。

”くしゃみ、鼻水、鼻詰まり 花粉症の3大症状”は本当にツライ!


早く飲む!というシンプルな療法、次期花粉症シーズンは是非お試し頂ければ、と思います。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME