メニュー

CPAP治療の流れ

CPAP治療の流れについて

CPAPは精密検査を受けた方はAHI≧20、自宅などで簡易検査を受けた方はAHI≧40でCPAPの医療保険適応となります。
(上記のAHI指標以外で、覚醒指数30以上、SpO2 90%以下の時間が睡眠中の10%以上の方もCPAP適応となります)

CPAPの適応ですと、なるべく早く治療を開始します。CPAP治療には医療機器が必要で、レンタルでお使い頂くケースが大半です。時々海外製品を個人輸入されて使用するケースがございますが、機器には必ずメンテナンスは必要。その際にトラブルになることは多いと聞きます。レンタルの場合は、機器の設置・管理は専門の業者さんが行いますので、ご安心頂けます。

治療の流れは(レンタルの場合)、

  1. クリニックが業者さんに依頼する場合と、検査をした病院が業者さんに依頼、かかりつけ医と連携する場合とに分かれます。
  2. レンタル業者さんが、CPAPの機器の設置、使用法の説明に伺います。ご理解頂ければ治療開始となります。
  3. 毎月1回通院頂き、経過観察をします。
  4. 機器からの睡眠データなどを業者さんが解析、医師にフィードバックします。
  5. その間の機器メンテナンスも、業者さんに行ってもらいます。

大まかな流れを記載致しました。レンタルであれば機器に関することは業者さんに任せて大丈夫ですので、安心して治療に専念して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME