メニュー

食品について

現在当院で売っている「マヌカハニー」「リポC」「鼻うがい」について、簡単に説明しましょう。

マヌカハニー

ハチミツは1800年初期にイタリア人が初めて売り出しましたが、当時のマヌカハニーは実は”低糖”として売られておりあまり人気がありませんでした。

1930年代になっても状況は変わりませんでしたが、ある酪農家がマヌカハニーを餌として食べている牛は他の牛のように病気にならないという事がわかりました。

通常のハチミツにも、過酸化水素の存在によりある程度の抗菌活性があります。しかし過酸化水素に由来する抗菌活性は、ハチミツが体内で熱、光あるいは酵素の影響を受けるとすぐに消滅してしまいます。

しかしワイカト大学のピーター・モラン教授は、マヌカハニーのサンプルの一部に過酸化物によらない抗菌活性を発見しました。このマヌカハニー中の非過酸化物活性はガンマ線処理に対しても安定である事が判かりました。

当時はマヌカハニーの特別な性質の原因は解明されていなかったのですが、モラン教授はハチミツの抗菌強度を一般の殺菌剤であるフェノールと比較する事により、非過酸化物抗菌活性を測定する検査法を開発しました。

そして、2006年になって始めて、ドレスデン工科大学の食物科学研究所の長であるトーマス・ヘンレ教授に率いられた研究チームが、天然に生成するメチルグリオキサール(MGO)こそがマヌカハニーの抗菌特性を殆ど独占的に担っている主要な成分である事を突き止めたのです。

このようにマヌカハニーにはMGOを含有している点が他にはない、大きな特徴になります。

他にも”のど”を保護したりするメリットもありますので、1日1スプーンを基本として摂取するようにして下さい。健康に確実に良い効果があると思います。

 

リポC

当院がおすすめするサプリメントは「リポ・カプセルビタミンC(以下:リポC)」株式会社スピック製造・販売)という商品名で、医薬品ではなく健康食品に分類されます。

リポCの代表的なメリットを3つご紹介します。

  1. 製品1gの中に、ビタミンCを1000mg含有する高濃度ビタミンC製剤
  2. 世界的基準において高品質で安全性の高いビタミンCだと定評のある、スコットランド産のビタミンC「Quali®-C」を使用
  3. ビタミンCをリポソーム化(リン脂質でできたカプセルの中に栄養成分を閉じ込める技術)することで、元来体内に吸収しづらいビタミンCを、吸収できる限界を超えて吸収率を高めることを目指して開発されました。

正直味は良いとはいえませんが、だからこそ効果においては抜群の良さを誇ると思いますので是非愛飲して下さい。

 

鼻うがい液

2023年末頃から売り出した、生理食塩水付属の鼻用うがい剤です。

鼻うがい水のポイント

濃度:

  • 0.9%の生理食塩水が理想です。
  • 市販の鼻うがい薬を使うと簡単に濃度を調整できます。
  • 自作する場合は、計量スプーンなどで正確に計量しましょう。

温度:

  • 体温に近い37~40℃が最適です。
  • 熱すぎると鼻腔を痛め、冷たすぎると効果が低くなります。

洗浄液量:

  • 片側あたり5~10ml程度が目安です。
  • 少量でも効果はありますが、多すぎると鼻腔内を刺激しすぎてしまいます。

洗浄方法:

  • ゆっくりと鼻腔内に洗浄液を流し込み、反対側の鼻腔から出すようにします。
  • 鼻腔内をしっかり洗浄するために、数回繰り返しましょう。
  • 無理やり洗浄しようとすると、耳管に水が入り、中耳炎になる可能性があるので注意が必要です。

注意点:

  • 水道水は雑菌が含まれているため、必ず煮沸してから使用しましょう。
  • 鼻炎や副鼻腔炎などの鼻腔内疾患がある場合は、医師に相談してから使用しましょう。
  • 鼻うがい後は、鼻腔内をしっかり乾燥させてください。

その他:

  • 鼻うがい専用の器具を使うと、より簡単に洗浄できます。
  • 旅行先などでも手軽に鼻うがいができるように、携帯用の鼻うがい薬もあります。

鼻うがいは、風邪や花粉症の予防・対策に効果的です。正しく使用して、鼻腔内の健康を保ちましょう。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME