Tel. 052-222-3387TEL

WEB仮受付

〒460-0008 名古屋市中区栄1丁目2-3 プラウドタワー名古屋栄2階

  睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群について

診療時間
10:00~13:00 -
15:30~19:00 - - -

睡眠時無呼吸症候群について

睡眠時無呼吸症候群とは、「睡眠時に無呼吸状態が繰り返される病気」です。

Sleep Apnea syndorome(= 英語病名)の頭文字をとって、SAS(サス)とも呼ばれます。

睡眠時無呼吸症候群とは?

10秒以上の気流停止(気道の流れが止まった状態)を無呼吸と呼び、一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、もしくは1時間あたり5回以上無呼吸の状態があれば、この病名がつけられます。

いびきはまだ鼻呼吸ができている状態ですが、無呼吸は鼻呼吸ができず、口呼吸になっている状態です。何故のどが狭くなっているか?
肥満でのどが狭くなっている人、日本女性で元々のどが狭い人等です。

また睡眠時無呼吸症候群は決して珍しい病気ではありません。
2003年2月26日に新幹線運転手の睡眠時無呼吸(SAS)が判明、SASと運送事業者に求められる安全対策が社会問題となりました。

睡眠時無呼吸の予後

この病気が怖いのは、

  1. 寝ている間のことなので、本人はなかなか気がつかない。
  2. 本来は、就寝中に回復すべき体の機能が充分に回復していない。これにより、日中の持続的な眠気、だるさ、注意力不足などが表れる。
  3. 中等症~重症の場合放置すると、脳梗塞や心筋梗塞などを合併して、約3人に1人の方が9年後に亡くなってしまうというデータがあります。

もちろん息が止まって亡くなる訳ではなく、脳梗塞・心筋梗塞などでです。
仕事の能率にも大きく影響が出るだけでなく、最悪の事態も発生する可能性があります。

セルフチェックしてみませんか?

CPAP管理

寝ている間

  • いびきをかく
  • いびきが止まり、大きな呼吸とともに再びいびきをかきはじめる
  • 呼吸が止まる
  • 呼吸が乱れる、息苦しさを感じる
  • むせる
  • 何度も目が覚める(お手洗いに起きる)
  • 寝汗をかく

起きたとき

  • 口が渇いている
  • 頭が痛い、ズキズキする
  • 熟睡感がない
  • すっきり起きられない
  • 身体が重いと感じる

起きているとき

  • 強い眠気がある
  • だるさ、倦怠感がある
  • 集中力が続かない
  • いつも疲労感がある

こんな症状を感じたら、受診してまず検査を受けられることをお勧め致します。
『検査なんて忙しくて、入院して出来ないよ…。』と思われる方もいらっしゃると思いますが、自宅で出来る簡易検査があり、重症の判定の場合は、治療(autoCPAP)を開始することも出来ます。

CPAP管理

もしセルフチェックで気になられた方は、簡易検査を受ける事をお勧めします。
仮に重症であったとしても、キチンと治療(CPAP管理)を受けることが出来れば、最悪の事態は避けることができます。事故を起こしたり、合併症を発症する前にまず検査を受けて下さい。

TOP