メニュー

2022年度 インフルエンザワクチンについて

2022年度 インフルエンザワクチンの接種、どうしますか?

インフルエンザ予防注射

インフルエンザが流行するシーズンが近づいてきました。

「コロナワクチン接種さえも悩んでいるのに、インフルの事まで考えてられないよ!」

「コロナワクチンで副反応があり、もうワクチンは怖くて打ちたくない!」

そうですね、数年間は流行しませんでしたし、打たないで済めば打ちたくはないのが正直な気持ちだと思います。

伏見クリニックは来年には再開するものの現在は休院中、インフルエンザワクチン接種時期には当然間に合いません。ですのでより中立的な立場で情報提供が出来ると考え、あえて当ページを作成しました。現在(22年9月時点)の情報をお伝えします。

南半球のインフルエンザの流行状況と日本

コロナ感染拡大の影響で、ここ数年は冬の風物詩でもあった「インフルエンザの流行」はほぼなかったと言えます。こういう状況を見てコロナウィルスとインフルエンザウィルスの間には関係性があると言われてきましたが(コロナが流行るとインフルエンザは流行らない?)、南半球の今年の流行状況はその概念をくつがえす結果となっています。

オーストラリアの今年のインフルワクチン流行状況のグラフで、赤線が今年の流行状況です。コロナ感染は横ばいだそうですので、明らかにここ数年間とは違う状況であることはおわかりだと思います。日本の状況はと申しますと、

過去数年間は全く流行していませんでしたし、南半球のオーストラリアで流行したからと言って、日本で流行るとか限りません。あくまで推測の範囲を超えませんが、もしインフルエンザにかかった時のことを考えると備えておくのも合理的な考え方ではないでしょうか? 専門機関である「日本感染学会」も接種を”強く推奨”しています

接種をお勧めする理由

免疫力が落ちている

接種をお勧めする理由の一つ目は、数年のインフルエンザ未流行の影響で私たちのインフルエンザウィルスに対する免疫が落ちている可能性が指摘されているからです。

毎年ある程度流行していた時は感染し発症する時もあれば、感染しても発症しない場合もあります。しかし免疫系はその記憶を保持して、次にかからないように防御体制を整えます。こういうシステムが機能するにはある程度ウィルスと接する必要があるのです。免疫系はまだまだ解明されていない事が多く、インフルエンザに対する免疫保持力も何年保てるかは定かではありませんが、可能性が高いと考えるのは妥当だと思います。

コロナ感染対策のゆるみ

感染対策の基本は、

  • 感染の可能性のある場所を避ける
  • マスク装着、アルコール消毒
  • 室内の場合、換気を徹底する

ですが、海外ではほとんどマスクをしなくなり、日本でも緩みつつあるように感じています。これがインフルエンザの流行に影響する可能性が指摘されています。

日本感染症学会が接種を特に推奨する方を明記しています。

  1. 65 歳以上の方
  2. 60~64 歳で、心臓、腎臓、呼吸器の機能に障害があり身の回りの生活を極度に制限される方、60~64 歳で、ヒト免疫不全ウ
    イルスによる免疫の機能に障害があり、日常生活がほとんど不可能な方 )
  3.  医療従事者、エッセンシャルワーカー:急性期後や⻑期療養施設のスタッフを含む医療従事者、薬局スタッフ、その他重要インフラの業務従事者の方
  4. インフルエンザの合併症のリスクが高い方:生後 6 か月以上 5 歳未満の乳幼児、神経疾患のある子ども、妊娠中の方、その他特定の基礎疾患を持つ方

ご参考にして下さい。

「新型コロナウイルス」と同時流行の可能性

今年もこのような事態が予測されます。気温・湿度が下がる冬場に入りコロナウィルスが活性化する可能性もありますし、インフルエンザが大流行する可能性もないとは言えません。そのような状況で考えられるリスクとして、

  • 小さなお子さん、高齢者など抵抗力の弱い層が重症化するケースが増える
  • コロナウィルスと症状が似ており一見しただけでは判断が出来ず、対応にかなり苦労する
  • 医療機関も発熱で来院した患者さんはまずコロナ感染を疑う必要があり、受け入れ体制や感染防止、消毒などに追われる。医療従事者の感染も増えて、医療崩壊につながる。

インフルエンザワクチンの安全性

コロナワクチンは新しい作用機序を持つワクチンで、安全性が危惧されていましたが、実際にたくさんの副反応の報告が挙げられています。はっきりした関係性は立証されていないかも知れませんが、死亡例も出ています。冒頭にも申し上げましたが、アンチ派が騒ぐのもわからなくもない気がします。

それに比べて「インフルエンザワクチン」は、不活化ワクチン(ウィルスの毒性を弱めたワクチン)で、他のワクチンも含めて長年使われているタイプですので比較的安全性が高いと言われています(副反応はゼロではなく、当然毎年報告されています)。

まとめ

このような理由で、インフルエンザワクチンの接種が推奨されています。

今後コロナ感染に対する国の体制、国民の考え方がどう変わっていくかはわかりませんし、あくまで接種するかどうかは個人の判断になります。

2022年 インフルエンザワクチンについて

供給量とワクチン事情について

インフルエンザワクチンの供給量は例年並みと言われています。しかし危惧するのは、今後マスコミが報道し始めると皆が一斉に予約を始めてワクチンがなくなる可能性もゼロではないということです。ですので特に前述した内容に該当する場合は、是非接種して頂きたいと考えます。

「医療機関側がもっとたくさんワクチンを仕入れておけばいいんじゃないの?」

その通りなのですが、医療機関のワクチン確保にも様々な問題があります。このあたりの事情も知っておいて頂いた方が良いかと思い、お話致します。
仕入の流れと問題点ですが、

  • 夏頃にそのシーズンで使うであろうワクチンの本数を、医薬品卸さんにお願いします。(大体は昨年並みの量)
  • 当初予定通りの本数が入荷すれば問題ないのですが、製造過程のトラブルなどで本数が減ったり、入荷時期が遅れることが割と多い悩ましい製品なのです。
  • 医療機関側は接種したくても出来ない場合が多発。患者さんとのトラブルも発生。
  • 逆に多めに発注したが思ったほど希望がなく、大量の在庫を抱えてしまう。返品は厚労省から厳しく指導されます。

このように、インフルエンザワクチンは取り扱いが難しい面が多く、多めの在庫を持てない事情があります。ご理解頂きたいと思います。

インフルエンザワクチン豆知識

ワクチンには4種類のインフルエンザ株が含有されていますが、あくまで予測ですので今年の予測株が外れることもあります。しかも接種してもインフルエンザにかからない訳ではありませんが、少なくとも重症化する確率は下げられます。コロナの方が怖いイメージが先行していますが、インフルエンザでも毎年何千人もの人が亡くなっています。治療薬が確立されているので安心感は強いですが、決して油断出来る病気ではありません。そういう意味でも是非接種をご検討下さい。

2022年度のインフルエンザワクチンの製造株です。株は毎年WHOが国内外のインフルエンザ情報に基づいた流行予測を行い、推奨ワクチン株を発表しています。それを受けて日本では国立感染症研究所を始めとするインフルエンザの専門家たちが、国内の流行分析や世界中の最新情報を元にインフルワクチン株を決定しています。

2022年 選定された4種類の株

A 型株

A型H1N1  A/ビクトリア/1/2020(IVR-217)
A型H3N2    A/ダーウィン/9/2021(SAN-010)

B 型株

B型山形系統 B/プーケット/3073/2013 
B型ビクトリア系統  B/オーストラリア/1359417/2021(BVR-26)

2015年からより効果を高めるために、3価ワクチン(株が3種類)から4価ワクチン(株が4種類)に変更されています。ワクチンにはいろいろな種類があり、生ワクチン、不活化ワクチン、mRNAワクチン(コロナワクチン)などです。インフルエンザワクチンは”不活化ワクチン”で、選定された鶏の有精卵にウィルスを注入、不活化(感染力をなくす)して製品化しています。
昔から用いられてきた製法ですので、新しい製法に比べて安心感がありますね。しかし製造に長い時間(1年~1年半)がかかること、卵の発育状況などに左右される、検定落ちが発生するなどのデメリットもあります。

 

まとめ

長くなりましたが、インフルエンザ、ワクチンについてご説明申し上げました。ご理解頂けましたでしょうか?

コロナワクチン接種だけでも悩んでみえる方が多いのに、インフルエンザワクチンの心配もしなくてはと大変だと思います。しかしここは頑張って切り抜けて頂きたいと思います。
まだまだ感染も心配ですが、いつか明ける日が来ると信じています。

皆様のご参考になれば幸いです。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME